top
logo

NYこどもサポート

早期介入教育(EI)とは

早期介入プログラム(Early Intervention Program/通称EI)とは、身体の発達が遅れている、言葉がなかなか出てこない、他の子と遊ぼうとしないなど、乳幼児期になんらかの発育の遅れがみられる子どもを対象としたアメリカ連邦政府のサービスです。

EIは、障害があると診断された子どもだけでなく、障害はなくとも発育に遅れがみられる満3歳未満の子どもにさまざま の早期介入を提供するプログラムです。プログラムには、言葉の発達を助けるスピーチセラピーや、身体の発育を助けるフィジカルセラピーなど、幅広い分野のサービスがあります。


州ごとに実施要綱が異なりますが、ニューヨーク州では、親の同意のもとに無料でサービスを受けることができます。アメリカ国籍の有無は問われず、秘密は厳守されます。ニューヨーク州の場合、ニューヨーク州保健局の管轄となります。

 

障害児療育とのちがい

「早期介入プログラムのサービスを受けている=子どもに障害がある」ということではありません。早期介入プログラムは、ダウン症や自閉症などの障害があると診断された子どもだけでなく、障害がなくとも、身体的あるいは知的発育、他者とのコミュニケーション能力などの面でひとつでも発達の遅れがみられる子どもを対象としています。つまり障害の有無に関係なく、3歳までの子どもの発達を積極的に支援し、 就学時までに通常の社会生活に適応させるためのサービスを提供する、非常に優れたプログラムと言えます。

 

サービスの内容

EIで受けられるサービスは、スピーチ・セラピー、スペシャル・インストラクション、筋肉の発達を促すセラピー、栄養食サービスに加え、カウンセリングやファミリー・トレーニングなど幅広く、重い障害を持つ子どもには、医療サービスや看護サービス、視聴覚 サービスなども用意されています。また、必要に応じて、社会福祉サービスや移動費用や関連費用の支給も受けられます。


サービスは、それぞれ家庭や学校、あるいは専門の医療施設など、親の都合や子どもに適した場所で受けることができます。サービス内容や頻度は、州法に定められた手順に従って、専門家による判断と親の同意のもとに決定されます。

新着ニュース

G&T プログラム

Sp. High School

Copyright © 2013 NY Kodomo Support All Rights Reserved.

このホームページに記載されている文章その他の著作権はNYこどもサポートに帰属します。無断転載はご遠慮下さい。

リンクをご希望の方は、kodomo.nyc@gmail.comまでご連絡下さい。

 


bottom

Powered by Joomla!. Design by: download joomla templates  Valid XHTML and CSS.